自転車ブログ...に見せかけたチラ裏日記。ネットで物欲のままに買ったモノとかも綴ります。愛車はkona dew 2011。琵琶湖県に住むため天気の良い休日は日がなポタるのだ。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中のためクリックお願いします!


[PR]


ブログパーツ



誰でも絶対にデキる!初心者の人にオススメのクロスバイク(ロードバイク・自転車)の簡単基本メンテナンス&おすすめパーツクリーナー・チェーンオイルなど

2012.11.17 (Sat)
main.gif



「せっかく何万円も出して買ったクロスバイクやロードバイク、それなら自分で多少はメンテナンスとか出来たらカッコイイ!

・・でもなんか大変そうだし難しそう。壊したりしたら元も子も無いし、やっぱりお店に任せるか・・」


と。思われてるビギナーの方、ちょっと待ってください。



確かにお店が安心ですし確実です。なんといっても向こうはプロ。知識も技術も違います。

しかし、簡単で基本的なメンテナンスなら初心者の人でも十二分に楽勝です。

難しい事もありません。


「自転車拭いて、油さす」


簡単に言えばコレだけです。

それプラス、タイヤの空気圧チェックボルトが緩んでないかの増し締めチェック。

そこにパンク修理タイヤ交換までマスターすればもうセミプロ級!?





・・かどうかは置いといて、まずは一歩ずついきましょう。


①チェーンの洗浄及び注油
②自転車本体(ボディ)の洗浄
③タイヤの空気圧チェック
④ボルトのゆるみチェック



今回はこの4項目の方法です。





web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中のためクリックお願いします!


[PR]


ブログパーツ



①:チェーンの洗浄、及び注油

→チェーンやスプロケット(チェーンのまきつくところ)の摩耗を防止し、部品寿命を伸ばす事が出来る




スプロケットとは↓コレの事





1:チェーン洗浄剤やパーツクリーナーとブラシで砂やホコリを落とす。


今回はさほど汚れてもいませんし、仕事の都合上車向けパークリが家にあるので手早くやっちゃいます。
DSC_0097.jpg




汚れが酷ければ↓このへんを使うのがおすすめ。
・ワコーズ CHA-C チェーンクリーナー 非乾燥タイプの洗浄スプレー A179 330ml A179 [HTRC3]



・チェーン洗浄特化ブラシセット/PARKTOOL(パークツール) チェーンギャング CG-2.2 YD-1295





2:汚れをおとしたあとはチェーンオイル(油)を塗布

自分は仕事の都合上コレ(車向け)が家にあるので使っていますが、もちろん自転車用があります。
DSC_0099.jpg

・自転車チェーンオイル/FINISH LINE(フィニッシュライン) テフロン プラス ルーブ ドライ 360ml エアーゾール TOS07003




◆やり方
1.後輪浮かして、2.片手でペダル回して、3.片手でチェーンにオイルを吹き付ける という感じです。

※写真はこちら。クリックで拡大。
more_push.gif



なお自分は天井の梁にロープ通して浮かせてますが、メンテナンススタンドを強くおすすめします。

自分も近々購入予定。


・必須で欲しいメンテナンススタンド/MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド DS-30BLT





②:自転車本体(ボディ)の洗浄

→ボディの泥やホコリをつけたままにしておくと、塗装などが劣化したりサビの原因となる



わざわざ写真で説明するまでもないですが一応。
DSC_0093.jpg


左手の容器の中はカーシャンプーを溶かした水です。そしてブラシ

・カーシャンプー。車と兼用なので経済的/Surluster(シュアラスター) カーシャンプー1000 S-30



・大定番の自転車洗浄剤。フィニッシュライン(FINISH LINE) バイクウォッシュ




・ブラシセット/FINISH LINE(フィニッシュライン) イージープロブラッシュセット TOS0210




右手のはタオル(ウエス)。べつにTシャツとかの古布でも構いません。

●普段軽く出かけた程度であれば、ぬれタオルで汚れをふき取ったあとに乾いたタオルでOK

・手軽な使い捨てタイプ(バイク製品)



●遠出をしてひどく汚れた時はカーシャンプーとスポンジ・ブラシ等で汚れを浮かして洗いましょう。洗い終わったら水気をきり、乾いたら車用ワックスで締め。

・Surluster(シュアラスター) ウォッシング グローブ S-71


・ワックス/Surluster(シュアラスター) ゼロウォーター 280ml 専用クロス付 S-79






③:タイヤの空気圧チェック

そのまんまですね。気圧計単体でも売っていますが、自分はこちらの気圧計付ポンプをおすすめ。

適正空気圧を保つ事でパンクしにくくなります。


・ポンプ/Panaracer(パナレーサー) 楽々ポンプゲージ付 イエロー D-9/BFP-YBG



適正空気圧ってなに?&ポンプレビューはこちら=> http://hatukuro.blog.fc2.com/blog-entry-15.html




④:ボルトのゆるみチェック

これまたそのまんまですね。ただ点検箇所はそれなりにあります。

サドル・ハンドル・スタンド は特に注意しましょう。

ケガ、駐輪時の転倒に直結します。

使いやすさが違うので十得ナイフ型よりもこっちがおすすめ。


・アーレンキー/ホーザン(HOZAN) 六角レンチセット W-96 YD-1230



またあわせてブレーキシュー(ブレーキを握るとタイヤを挟むやつ)の動作確認もしておきましょう。

※ブレーキシューとは?(画像検索)

ちなみにブレーキシューの位置を調整するにはコレを使うと簡単そうです。

・タックス ブレーキシューチューナー







とまぁこんなとこで。

どうでしょう、「これぐらいなら出来そう・・」って感じしませんか?

「クロスバイクとかロードバイクって興味あるけどメンテナンスが面倒そう・大変そう」と躊躇している方の足しになれば幸いです。

自分でメンテナンスすれば更に愛着が湧きますよ!




◆「やるぞ!」という気持ちになって値段的にもお得な洗浄メンテナンスセット◆

  





◆人気のクロスバイク・ロードバイクのメンテナンスブック◆








関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。